FC2ブログ

記事一覧

結局、ヨリを戻すことに

もう少し、お見合い相手が、気の効いた人だったら、そんなことにはならなかったかもしれない。

そして、ちょくちょく会っていたら。


これは、一番僕が悪いのだが、お見合い相手のことを考えれば考えるほど、彼女と彼氏の関係性を心配し、実際に彼女がやつれている姿を見ると、そちらの方に、気が行ってしまうのだ。


それで、休みの日、お見合い相手から、電話が来るのをわかっていて、彼女と会って、カラオケに行って、実際、お見合い相手から電話がかかってきても、無視をしてしまった。


その時点で、僕は紹介していた人に、お見合い相手をお断りしたいとは話していたが。


それで、彼女がその彼氏と別れるということを決め、僕とヨリを戻すことを約束したとき、僕はお見合い相手と、言葉でお断りすることにし、その日がやってきた。


お見合い相手は、スーパーに入ったとき、電子レンジの使い方がわからないようで、「んー、」という気持ちにもなった。


それも、含めて、お見合い相手と、久しぶりに二人きりになり、その人は、プロポーズをしてきた。

それも、婿取りだそうだ。

「あれっ?」と思った。


最初、紹介してくれた人は、僕の方が嫁取りという話をつけたはずなのに、話が違う。

婿取りなんて聞いてない。

それに、最初に払った金額も、婿取りで払ったようで、その逆よりは高いそうだ。


要は、最初から、お見合い相手は、婿取りとして、話をつけていたということである。


これは、騙されたというか、まあ、もう、お断りするつもりだったので、どうでも良かったが、後味は悪かった。


その後、嫁でも良いと、紹介者から電話がすぐにあったが、その気はないし、紹介者の信頼性も含めて、お断りした。


後日談だが、その後、すぐに、初婚の40代の人(恐らく、2倍くらいの年齢差)と結婚、嫁に行ったそうで、幸せになってほしいと願うばかりである。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

1日1回ワンクリックしていただくとうれしいです。




アダルトブログランキング


エログちゃんねる
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

21世紀生まれ女の子に出会ってみよう

あなたが出会える場所

新しい愛撫のカタチ

プロフィール

40代の絶倫野郎

Author:40代の絶倫野郎
20女は40男が大好きなんです!

素人動画で我慢したけりゃ

S級モデルでヌく人は

人妻、熟女でイッてみよう

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR